Site Overlay

どこにでも3階建ては建てられる?セットバックの意味知って建てよう!!

3階建てなら高さ制限の緩い土地

一戸建ての階数はかつて二階建てが多かったでしょう。しかし、最近は三階建ての物件も多くなっています。元々一戸建てが一件建っていたところを区分けして分譲するときなどは、狭い土地でも延べ床面積を増やすために三階建てにするケースもあります。新たに家造りをするときにも何階建てにするか考えておく必要があり三階建てで建てたいと思うかもしれません。三階建ての建物は二階建てよりも建物の高さが高くなる可能性があり、土地によっては高さ規制にひっかかる可能性があります。せっかく良い土地を買っても一定の高さの建物を建てられないと三階建てが難しくなるので注意しましょう。高さ制限が緩いところなら三階以上でも問題なく建てられます。

セットバックを考慮して探す

新たに住宅を建てるために土地を探すとき、ネットで探したり業者に相談したりすると効率的かもしれません。ただ結構楽しいのが歩いて探す方法で、意外なところに売地が出ていて掘り出し物の土地を見つけられるときもあります。もし買いたい土地が見つかったらその土地に関する色々な情報を集めましょう。なぜなら、土地にはそれぞれ決まりがあるため、必ずしも自分の希望の建物が建てられるわけではないからです。例えば、土地に面する道路が4メートル無い時にはセットバックと言って道路の中心線から2メートルの部分は自分の土地でも自由に使えなくなります。中でも、古い住宅地などではセットバックが必要な時もあるので、それを考えて探しましょう。

二世帯住宅は親の所帯と子供の所帯が一緒に住む住宅ですが、子供の所得が少ない時などに住宅をもつにあたって有効な住宅です。