Site Overlay

北海道で賃貸物件を選ぶときはここに気をつけよう!ポイント2点を解説

都市ガスかプロパンガスかをチェックしよう

北海道の賃貸物件には都市ガスのものと、プロパンガスのものとがあります。まず注意しなければならないことは、両者は原料と熱量も異なるため、同じガス器具が使えないことです。そして、北海道の冬の寒さを凌ぐにはガス暖房は欠かせませんが、プロパンガスと都市ガスとでは料金体系が異なることも知っておくと良いです。都市ガスは販売店同士の値段の差が少ないのに対し、プロパンガスは自由料金であるため販売店によって値段に差があります。また、都市ガスと比べるとプロパンガスの方が料金は高い傾向です。北海道の賃貸物件は東京などの大都市部に比べると家賃が安いですが、その代わりガス代が高くなるケースがあります。そのため、使用しているガスについて、予めチェックしておく必要があります。

1階が駐車場になっている賃貸物件は要チェック

札幌などの都市圏では、1階が駐車場になっている賃貸物件をよく見かけます。これは賃貸物件の敷地内に駐車スペースがないために、1階部分を駐車場として活用しています。北海道ではこのような物件について注意する必要があります。札幌を含め北海道の冬の寒さは厳しく、場所によっては積雪量が多いです。年代の古い賃貸住宅など、物件によっては2階の床の断熱構造が不足している可能性があります。すると室内の気温が下がりやすくなるだけではなく、窓が結露してしまうこともあるのです。そのため、北海道では1階が駐車場になっている賃貸物件は、断熱構造がどうなっているかしっかり確認する必要があります。また、駐車場に関しては、雪を解かすロードヒーティングの設備があると、雪かきの負担が減って便利です。

北見の賃貸は比較的に安く、1LDKの相場は3万から4万円です。2LDKのアパートでも6万ほどで借りることができます。