Site Overlay

賃貸住宅もマイホーム。居住空間の広さも重視すべし!

同じ借りるなら広さも借りる!!

賃貸住宅の魅力はなんといっても「その時暮らしたい場所」に住むことができることですよね。住みたい場所は通勤通学の兼ね合いや憧れの町がいいなと案外あっさり決まるものですが、問題は賃貸物件の間取りと広さです。借りて住むなら綺麗な方が良いからと設備を重視する人も多いですが、本当に重視すべきは広さではないでしょうか。

生活用品が置かれていない物件は、どこもそれなりに広く感じるものです。間取り図に6畳と書かれていても正確な大きさはその会社の規定によってマチマチ。平米数できっちり確認しなければわかりません。住んでみると思った以上にモノが入らない。これが本当に困ります。設備は自前で新品にできたとしても、広さだけはどうにもなりません。借りるならなるだけ広さを重視しましょう。

築年数の古い物件が穴場です

住みたい場所の賃貸住宅を希望する家賃金額でリストアップしてみると駅からの距離は同じでも、広さにかなりの差が出るはずです。新築に近い物件は設備は整っていても狭かったり、部屋の形や間取りが不定形だったりで、手持ちの家具が入らないなんてこともありそうです。できたら、築年数が三十年以上前の昭和の頃に建てられた物件を探してみましょう。公団や団地のようにきちんと成型され、広くて使い勝手のよい押し入れなどの収納もある物件が見つかるはずです。

交渉次第で内装の改良を許可してくれたりするのも古い物件の魅力ですね。「その時暮らしたい町」で自分の理想の住まいを創る楽しみと、大切な持ち物を処分しないでとって置ける広さを借りる賃貸住宅もマイホームです。しっかり選んでくださいね。

小樽の賃貸の家賃相場平均は4万5千円です。小樽駅から徒歩15分圏内で3万円台の激安物件から、新築4階建てマンションで5万円台など好立地好条件物件があります。