Site Overlay

住宅展示場と現場見学会の違いを知って下見に出かけよう

家造りのセンスとイメージが膨らむ住宅展示場

注文住宅でマイホームを持とうとお考えなら、実際に施工業者が建てた家を見に行くことができる住宅展示場や現場見学会に行ってみましょう。住宅展示場は、施工業者が建てた参考の家を展示している会場です。最高水準の設備や内装・外装の造りで建築されており、オシャレなインテリア家具や小物が配置されていて、見栄えよく展示されているのが特徴的です。一般的な注文住宅の費用の相場よりも何倍もする価格設定で建設されていることが多いので、家造りのスタイルやセンス、イメージを参考にする目的で住宅展示場に足を運ぶとよいでしょう。住宅展示場は土日祝日やお盆休みなども営業していることが多く、休日にはイベントも開催していることも多いため、家族みんなで行ってみるとよいです。

家造りの建築現場や完成した家が見られる現場見学会

現場見学会は、自分たちの予算と同様の家を見学したい!という目的で見に行くのに最適です。現場見学会は住宅展示場と違って、見学会の開催営業日が限られた日程の場合が多いため、新聞広告のチラシや注文住宅の業者のサイトなどを注意して見ておく必要があります。現場見学会の広告には、見学できる家の間取りなどの詳細情報が記載されていることがほとんどなので、それを参考にして、どこの見学会に行くかを見極めるとよいです。現場見学会は、実際に施工業者が手がける家の建築中の現場や、完成した住居を直接見ることができます。出来上がる前の基礎や構造工事の部分や、完成後の家の雰囲気と間取りのチェックなどをしっかりと確かめてから、注文住宅を建ててもらう業者を選べます。家造りに失敗しないためにも、実際に一般の人が建てた家を見ておくことをおすすめします。

横浜の注文住宅のなかには、変形地や狭小地、傾斜地など特異な地形に住宅を建てたいという希望者がいます。このような地域特有な場所でも品質に拘って仕事をする工務店があります。