Site Overlay

テラスハウスの賃貸物件!特徴やメリットは?

テラスハウスの特徴とは!?

テラスハウスは、一戸建てが連続して複数件建っている賃貸物件で、昔でいう長屋のような構造のタイプの建物になります。隣同士がくっついている構造ですが、1件ずつ独立した造りになっているため、共用のエントランスなどもありません。一般の戸建てのように、各住居の1階に玄関口があることがほとんどです。2階建てや3階建ての造りで、庭や駐車場も付いている物件もあり、家族住まい向けの間取りも一戸建てと変わらないため、持ち家を持ったような気分にもなれます。テラスハウスは外装もオシャレな建物が増えていて、人気の賃貸物件のタイプです。入居する人は子育て世代のファミリーや、ルームシェアを目的とした若い人も多く利用しています。

テラスハウスのメリットのまとめ

マイホームを持った感覚で住めるところが魅力のテラスハウスは、一戸建ての賃貸物件よりも安いという大きなメリットもあります。賃貸アパートやマンションよりは家賃は割高になることがありますが、築年数が経っていたりするとあまり家賃の差がないテラスハウスも多くあります。そして、アパートやマンションの賃貸物件とは違い、上下階の物音を気にしなくてもいいところも、ファミリー層にとっては嬉しい点です。また、住居に専用庭が付いている物件もあります。アパートやマンションですと共用のベランダが多いですが、専用庭があれば、一戸建てのようにガーデニングや日曜大工などの趣味も思う存分たのしめます。家族住まいの賃貸物件を探しているなら、一戸建てのように自由なライフスタイルを楽しめる、テラスハウスのような物件を検討してみてはどうでしょうか。

千歳の賃貸物件の周辺には、国道や鉄道、空港が整備されており、交通機関を利用する上で有用です。また、主要駅周辺には、ショッピングセンターや小売店も多数あり、生活必需品も容易に得ることができます。