Site Overlay

賃貸オフィスは目的と事業内容に合わせて選ぶのがセオリーです

少人数で使うならコンパクトな間取りでもOK

少人数で使う予定であれば、比較的コンパクトな間取りの賃貸オフィスでも問題はありません。一般的な賃貸アパート同様に、間取りがコンパクトな方が基本的に賃料は安価です。できる限り開業資金を節約したい、ランニングコストを圧縮して新規投資に充てたいなどの希望がある経営者の方々は郊外に設けられた部屋数が少なく、省スペースのオフィスを借りるのが良い選択となります。ネット回線を設ければ、交通の便が少々悪い点もデメリットになりません。業種の性質上、クライアントや取引先とあまり対面で商談や打ち合わせを重ねる事がない、IT関連の企業であれば、なおのこと郊外の安価な賃貸オフィスがおすすめです。ネット回線さえあれば、ビデオチャットやWEB会議アプリなどで、リアルタイムで打ち合わせや商談が可能です。少人数で使うだけなら、ワンルームタイプに近いオフィスでも十分であり、圧縮した維持費を、オフィス用パソコンやサーバーの投資に充てれば、省スペースでも効率よく勤務出来る職場が構築できます。

ネットショップ用の拠点として賃貸オフィスを活用

ネットショップ用の拠点として、賃貸オフィスを借りるなら収納スペースが豊富な物件にしなければなりません。ECサイトを経営する個人事業主の方々は、多少家賃が上がったとしても、大型の倉庫や広々とした間取りの賃貸オフィスを借りた方が、豊富な在庫を安心して保管出来ます。ネットビジネスが軌道に乗って、いざ事業拡張をしようと思った時、省スペース型の賃貸オフィスでは多種多様な在庫を保管することが出来ません。事務作業用の部屋と在庫保管用の部屋を完全に区切る事で、業務効率化が図れますし、在庫のより一層の安全対策が実践出来ます。

ビジネスの中心的な役割を担う中央区で賃貸オフィスは、長年におよび町の中心的な存在のビルに構えているものもあります。