Site Overlay

快適な住み心地とは?家造りを成功させるポイント

快適な住み心地を実現する「断熱性能」

人が住みやすいと感じる家の条件には、室内の気温が大きく影響します。どれだけ素敵な内装に仕上げても、「夏はとても暑く、冬はとても寒い」「冷暖房の利きも悪い」となると、快適とは言い難い家になってしまいます。体調を崩す原因にもなってしまうため、室内の温度は健康の面でも重要な役割を持っています。「断熱性能」は、暑さや寒さなどの外気を切り離し、冷暖房の利きを向上させ、さらに冷暖房の利き目を長持ちさせる効果もあります。断熱性能は1年を通して快適な室内環境を作る要素となっているため、断熱性能にこだわりを持って家造りを進めることがおすすめです。

「耐久性」を重視する

家造りは、「今後長い年月を通して暮らしていく家」と想像して家造りをする人が多くいるのではないでしょうか。それでも日本の住宅の平均寿命は約30年と言われており、世界的に見ても短い寿命であると言われています。日本特有の多湿や、地震、台風の多さが原因と言われていますが、日本には大正時代や明治時代から創立され、現在でも美しい姿を保つ建物があることも事実です。そのような耐久性を持つ建物には、場所の環境にふさわしい造りをすることで長寿命化できていると言われています。

2009年には日本政府で「長期優良住宅の普及促進の法律」が施行され、長期間にわたって快適に住み続けられる優良住宅の家造りを推奨しています。長期優良住宅は環境や経済面でもメリットがあり、メンテナンスをしながら子供の代まで住み継いでいけます。しっかりした耐久性を持つ家は安心して暮らせるメリットがあるので、耐久性は快適な住み心地の要因とも言えます。

ローコスト住宅とは材料費・人件費・広告費といった建築にかかる諸費用を抑えることで、一般的な住宅よりも安い価格で販売されている住宅のことです。ハウスメーカーが手掛けることが多いのが特徴の一つとなります。